品 質

QUALITY

    大地震 首都直下型地震 本気で考えたことはありますか?関東でももしもの災害ではありません

      1

      安全性

      安全だと安心できる
      安心できれば未来の幸せを考えられる

      巨大地震が発生する確率 首都直下型地震、遠い未来の出来事ではないかもしれません。
      住めなくなった家を目の前にして、
      「あの時、もっと家の強さについて考えておけばよかった…」
      家が使えなくなった後の生活を考えたことはありますか?
      思い出してみてください、東日本大震災が起きた日のことを。
      一番最初に安心を感じたのは、家族が無事だったこと。その次は、住む家に問題がなかったこと。
      それが実感だったのではないでしょうか?
      今後30年以内に首都直下型大地震が発生する可能性は70%と言われており、首都直下型地震が起きた場合、その被害は、東日本大震災を上回ると言われています。
      首都圏のマンションの多くは、それを想定して免震構造など地震のことを考えて建てています。
      戸建住宅はどうでしょうか?マンションほど考えられているでしょうか?
      本当に地震のことを考えた場合、少しでも地震に強く、しかも揺れまで抑えてくれれば安心だと思いませんか?
      家族を守ってくれると、自信をもって言える家。そして、安心して暮らせる家。
      未来への安心、そこから生まれる未来の幸せ。
      私達は、地震への強さにこだわり、未来の幸せを描ける安心の住まいを提供いたします。
      大地震対策3つのポイント

        POINT1

        DIT制震筋交い金物
      • 耐震に不可欠な筋交い金物に制震機能をハイブリッド
      • 耐震+制震のメカニズム
      • DIT制震筋交い金物の動きを検証
      • 繰り返しの余震にも強い
        2000年施行の新耐震基準の考え方は、
        中規模の地震(震度5強程度)⇒ほとんど損傷を生じないこと
        大規模の地震(震度6強~7程度)⇒人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じないこと 国土交通省HP掲載資料参照
        を目標としたものです。
        このことから、1回の大地震に対しては備えが求められている一方、余震や2回目以降の大地震に対しては考慮されていないといわれています。

        振動台実験による繰り返し試験の比較 試験施設:神戸大学
        入力波:JMA KobeNS(821gal)※阪神淡路大震災の地震を再現
        振動台実験により阪神淡路大震災の地震波を20%から徐々に大きくし、繰り返しの地震を想定した試験を行いました。既存の筋かい金物は100%(1回目)で大破したのに対し、DIT制震筋かい金物は100%の揺れを4回再現しても破壊しませんでした。また、変形量の増加も緩やかで、繰り返しの地震に有効であることが確認できました。

        100%(1回目)の変形イメージ (2階の床の揺れ幅を基準に測定)

        POINT2

        地震に強い建物
      • 地震に強い家のポイント 建物の倒壊は、面(壁)と線(柱)と点(柱と柱の接合部)に、耐えられる以上の力がかかってしまうことによって起こります。
        この3点を特に強化することで、地震に負けない強い家にすることができます。
        サンアイグループの建物は、地震時に肝要な「面」・「線」・「点」を全て強化。地震の力に耐えられるだけでなく、制震ダンパーによって、揺れも抑えられます。
      • これらの地震に強い部材を全棟標準で採用
        ウルトラWストロング工法が全て解決します

        エンジニアリングウッド無垢材の良質な部分だけを厳選し、積層接着した木材です。寸法が安定するため品質のバラつきが少なく曲げ強度はヒノキの2倍。高い安全性・高品質を実現できます。

        金物接合工法地震の際、力が集中する接合部の強度を高めることが、地震対策には不可欠です。柱と柱など主要な部分の接合に接合金物を採用しています。これにより接合部の強度は、在来工法の1.5倍~3倍まで高まります。

        ベタ基礎強度と耐久性に優れた鉄筋コンクリート造のベタ基礎を採用。建物全体をしっかりと支えると同時に、地震などで大きな力が加わっても、幅150mmの厚くて強固な基礎全体が力を均等に分散して支えます。

        剛性床品確法の必要基準値を超える厚さ24 mmの構造用合板は、局部的な重さに対してもたわまない強さと、地震や台風などに対して、壁と一緒に支える剛性を実現しています。

        POINT3

        強い地盤づくり
          スーパージオ工法で地震の揺れを地盤で抑えます

          地盤を軽量化することで地震等が起きたときにも建物を沈みにくくします

          建物の重量と同等の土を取り除き、そこへスーパージオ材を敷き詰めて地盤を軽量化。地震が起きた時には、地面と家の間にあるスーパージオ材が緩衝材になって地震の揺れを抑えます。地震時、スーパージオ材の中に土の中の水だけを一時的に取り入れて地表へ水が出るのを防ぐので地面が液状化しません。地震がおさまるとスーパージオ材の中の水は土に戻り、通常の安定した地盤に戻ります。地盤が弱くて地面の中に杭を打って補強しなければいけないような土地でも、スーパージオ工法を使うことで杭を打つことなく家を建てることができます。地面に杭を打つ補強よりも大幅にコストを抑えることができる工法です。
        スーパージオ工法でできること

        1減震対策

        スーパージオ材が緩衝材の働きをし、激しい地震の揺れを優しい揺れに。

        2液状化対策

        地震時、スーパージオ材の中に水だけを一時的に取り入れて、地表への噴出を防止。

        3どんな土地にも設置可能

        他の地盤補強工法では困難な土地でも、スーパージオ工法Rは対応可能。
      • 徹底して地盤調査を行います
        強い地盤づくり 土地を強くするために、厳格な基準に基づき徹底した地盤調査を行い、状況に応じた地盤改良工事を行って、頑丈で屈強な地盤づくりを行っています。
        これまでに1700棟の実績を持つ私達は、数多くの経験の蓄積により、埼玉・群馬県の地盤に精通しています。

商品の詳細はこちら

ママモ オーガニックハウス埼玉・群馬 アイスタイル

    お問い合わせ

    お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

    イメージふくらむ
    事例集進呈
    来店予約
    資料請求 土地を探す

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます